HOME>Review>シャネルの買取に後悔?失敗事例から学ぼう

シャネルの買取に後悔?失敗事例から学ぼう

バッグ

サービスについてあまり調べることなく利用してしまうと、思わぬところで損をしてしまう人もいます。失敗談をよくチェックして自分の状況に当てはめてみることで、得する利用ができます。

みんなの声

専門店の存在を知らなくてリサイクルショップにお願いしました

自宅の収納場所が少なくなってきたので時間を見つけて整理整頓を実施しました。家族の物もありましたが、一番多かったのは夫でもなく、子供でもなく自分です。物が捨てられない性格ですし、20代の頃から色々なブランドのバッグを集めていたからです。あれから20年近く経過して40代になっているので、収納場所が少なくなるのは当然のことでした。色々なバッグを持っている中で使う頻度が低かったのはシャネルです。かなり前に購入した物なのでいくらブランド物といっても価値はほとんどないと考え、リサイクルショップで買取してしまいました。その後、買取価格が妥当なのかどうか気になったので調べてみると、専門店の存在を知って買取強化キャンペーンを行っていたので、リサイクルショップを選んで後悔しています。
[40代/女性]

インターネットで見つけたところに依頼したけど他店の方が高額買取だったことに気づいた

結婚したい彼氏と同棲生活をスタートさせることが決まりました。お互いに30代なので何も問題なければ結婚する予定です。住む場所は新たに賃貸物件を契約したので、引越すために準備を行っていました。荷物をまとめている時、収納棚から以前付き合っていた男性からプレゼントされたシャネルのバッグが出てきました。これを新居に持っていくのは彼氏に悪い気がしたので、買取でお金にしました。自宅の近くや通勤経路に買取を依頼できる店舗がなかったので、インターネットのサービスを利用しました。ところが、すでにお金を受取って契約が成立した後で他店の方が高額買取だったことに気付きました。よく調べなかった自分に原因があるものの、損をしたような気分です。
[30代/女性]